ボルダリング①~ボルダリングを始めてみよう~

ご無沙汰です。
ken20です。

今回は2つ目のスポーツを紹介したいと思います。
そのスポーツは・・・ボルダリングです!

バスケットボール程の知名度ではありませんが、2020年東京オリンピックの種目となったこともあり、
皆さんの中でも名前ぐらいは聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

ちなみに2020年の種目になったのは、スポーツクライミングという種目で、
ボルダリングはその中の1種目なんですよ。

それはさておき、実はこのボルダリングというスポーツ、社会人から始めるのに
おススメのスポーツという意味では最強候補の一角だと思っております。

理由として、まず第一にボルダリングは初心者に優しいスポーツだからです。

というのもよくジムの壁に色んな色や形の石が散りばめられているのを見た事あるかもしれませんが、
あれはそれぞれ決まったルートがテープで割り振られていて、級やグレードといった呼び名で
明確にコースが分かれています。強制する人も居ないので無理な運動をする心配はありません。
初めて挑戦する人でも無理なく始められ、また自分の上達が数字ではっきりと分かるのは楽しいと思います。

次に、ボルダリングは実は費用は安く始められるスポーツということです。
ボルダリングは登山のようなクライミングとは違うので、運動着とジムで会員登録を済ませたらすぐ始められます。
シューズ等はジムが数百円程でレンタルしているので大丈夫です。

そしてボルダリングの魅力は何といっても達成感です。
今まで自分が挑戦してもできなかったルートを、
通い続けてたら登れた!という自分が成長したと
いう実感をこれほど感じやすい種目は中々ないと思います。

いかがでしょうか。
安価で始められて、特別な道具もいらず、達成感もある。
一度行ってみて、合わないからやめてみるという考えでも、
最初の利用料の2000円弱程度の出費で済みます。

ジムの人は親切に教えてくれるので、一度行ってみるのをお勧めします。
次回は、引き続きボルダリングについて書きたいと思います。
それではまた、次回。

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



Only the blog author may view the comment.

プロフィール

ken20

Author:ken20
初めまして。
現在社会人しつつスポーツを楽しんでいますken20です。

実は私は最近まで、決してスポーツが好きではありませんでした。
私は幼少期は水泳を始めとして、剣道、柔道、弓道といった武道等様々な習い事を親に習わされて育ちました。

学生時代も運動部に入ってきた期間が長かったですが、
決して体を動かすことが大好きという訳ではなく、元々友人が所属していたり、帰宅部は嫌だったという様な割と弱い動機で所属していました。

体力や運動神経といったこと以上に、私は元来は面倒なことが大嫌いな性格で、疲れることが大嫌いな性分です。

そして大学時代、そうした弱い動機が無かった私は当然のように一度スポーツから離れました。

そして社会人になり、スポーツとは関係の薄い職場に就職しました。元来の性分と、職場の空気と合わないといった悩みから転職を決意しました。当然の如く親には反対され、誰に相談したら良いのか分からないときに相談に乗ってくれ励ましてくれたのは、今までスポーツを通じて過ごした仲間たちでした。
その時には本当に理解できていませんでしたが、スポーツというのは単純に体力や健康に良いというだけでなく、そういう繋がりをつくることも出来るものなのだと肌で感じました。。この時私は、初めてスポーツが好きになった気がします。

現在は、スポーツイベントの企画や、会場の運営を手掛けている
職場で働いています。
自分なりに楽しく働いています。
仕事で辛いことや嫌なことがあっても、
スポーツで発散しながらやっています。
職業柄様々なスポーツに出会うことがあり、
新しく始めるきっかけにもなっています。

スポーツは、本当に素晴らしいものであると、私は思っています。

私がこのブログを作ったのは、
学生時代、スポーツを楽しんでいたけど辞めて
また始めるきっかけが見つけられないあなた。
社会人になり、新しく何かを始めたいと思っているあなた。
スポーツが好きで何か始めたいが、自分に合った種目が分からないというあなた。

そういった人達にこのブログが
新しいスポーツに出会うきっかけになればと思っています。

これからブログ更新していきたいと思います。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
広告
より上達したいアスリートのあなたへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ