野球⑧ コントロールを良くしたいあなたへ

ご無沙汰です。
ken20です。
今回は野球をやっていて、もっとコントロールを良くしたい
思っているあなたに向けて、コントロールを良くする方法について書いていきたいと思います。

コントロールの重要性

野球のピッチャーにおいて、コントロールを身に着けるということは
最も重要であるといっても過言ではありません。

100マイルの剛速球も、大きく変化する球も、コントロールが駄目なら使い物になりません。
野球は、ストライクとボールを投げ分けて勝負するスポーツです。
打者はストライクゾーンに来た球を見極め打っています。
当然、バッターにとって打ちにくい球とはストライクギリギリ一杯のボールです。

つまり、ストライクとボールのギリギリのコースを投げ分けられるピッチャーは
より広いゾーンで勝負でき、そしてバッターにプレッシャーを与えることが出来ます。

逆にコントロールが悪く、ストライクとボールがはっきりしていると
カウントがどんどん悪くなり、バッターはより打ちやすい状況になってしまうのです。

変化球等の球種等とは違い、コントロールは在った方が良い等といったものではなく
無ければいけない要素なのです。
自信のない場合、最優先で伸ばしていきましょう。

コントロールの意識

ここでまず、コントロールが良いということについて改めて言いたいのは
この場合のコントロールとは、只ストライクゾーンにボールを入れるということでは
ありませんし、コースが良くても只そこに入れば良いというものでもありません。


腕をしっかりと振り、自分の全力の球を狙った所に投げられるということです。

勘違いしがちなのが、ストライクゾーンに置きにいって入れるボールが多いため
結果的に四球等は少なく自分のコントロールに危機感を抱かないことです。
確かにそれで抑えられることもありますし、四球を連発するより良いという見方も
出来ることもあるかもしれません。

しかし、投手にとって一番大事なのは腕をしっかりと振り全力で投げることです。
そのボールをコントロールするからこそ、自分のベストのボールと言えます。

全力で投げたど真ん中のボールは、只置きにいったコース一杯の球より価値があります。
しっかりと腕を振る。そしてコントロール。この2つは絶対に切り離さないで投げましょう。

コントロールを上げるには

コントロールを上げるために一番大事なのはまずフォームです。
先程言った通りまずは腕をしっかりと振ること。
そしてその時体勢が崩れないことが重要です。

そしてやはりボールを実際に投げて、しっかり投げた感覚が身についてこそ
コントロールは向上します。

お勧めなのは、あえて近い位置から投げ込むという方法です。
近い距離なので、思いっきり腕を振って思った所に投げやすくなります。

そして慣れてきたら少しずつ距離を取り、マウンドの位置まで伸ばすのです。
普段の位置から只投げるより自分の思った所に投げるというイメージが掴みやすく
上達がより見込めます。
もっと上を目指したいあなたへ

野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

プロ野球選手も愛用しています。
コントロールの向上に観点を置いていて、様々なタイプのピッチャーにも
対応しているお勧めです。

今回は以上です。
次回以降引き続きスポーツについて書いていきたいと思います。
それではまた、次回。

カテゴリ:野球  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



Only the blog author may view the comment.

プロフィール

ken20

Author:ken20
初めまして。
現在社会人しつつスポーツを楽しんでいますken20です。

実は私は最近まで、決してスポーツが好きではありませんでした。
私は幼少期は水泳を始めとして、剣道、柔道、弓道といった武道等様々な習い事を親に習わされて育ちました。

学生時代も運動部に入ってきた期間が長かったですが、
決して体を動かすことが大好きという訳ではなく、元々友人が所属していたり、帰宅部は嫌だったという様な割と弱い動機で所属していました。

体力や運動神経といったこと以上に、私は元来は面倒なことが大嫌いな性格で、疲れることが大嫌いな性分です。

そして大学時代、そうした弱い動機が無かった私は当然のように一度スポーツから離れました。

そして社会人になり、スポーツとは関係の薄い職場に就職しました。元来の性分と、職場の空気と合わないといった悩みから転職を決意しました。当然の如く親には反対され、誰に相談したら良いのか分からないときに相談に乗ってくれ励ましてくれたのは、今までスポーツを通じて過ごした仲間たちでした。
その時には本当に理解できていませんでしたが、スポーツというのは単純に体力や健康に良いというだけでなく、そういう繋がりをつくることも出来るものなのだと肌で感じました。。この時私は、初めてスポーツが好きになった気がします。

現在は、スポーツイベントの企画や、会場の運営を手掛けている
職場で働いています。
自分なりに楽しく働いています。
仕事で辛いことや嫌なことがあっても、
スポーツで発散しながらやっています。
職業柄様々なスポーツに出会うことがあり、
新しく始めるきっかけにもなっています。

スポーツは、本当に素晴らしいものであると、私は思っています。

私がこのブログを作ったのは、
学生時代、スポーツを楽しんでいたけど辞めて
また始めるきっかけが見つけられないあなた。
社会人になり、新しく何かを始めたいと思っているあなた。
スポーツが好きで何か始めたいが、自分に合った種目が分からないというあなた。

そういった人達にこのブログが
新しいスポーツに出会うきっかけになればと思っています。

これからブログ更新していきたいと思います。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
広告
より上達したいアスリートのあなたへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ