スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

野球⑥ ホームランバッターになりたいあなたへ

ご無沙汰です。
ken20です。
今回は野球をやっていて、もっとホームランを打ちたいと
思っているあなたに向けて、長打力アップの方法について書いていきたいと思います。

ホームランの魅力

大きな快音を挙げて舞い上がり大きな放物線を描くボール。
そのまま観客席へと飛び込み、湧き上がる観客。
ベースをゆっくりと歩き、チームメイトの出迎え。

ホームランは野球というスポーツの中でも花形の場面です。
こうしたホームランを打ちたいと思っている人は多いと思います。
今回は、そうしたホームランを打つための練習法について紹介したいと思います。

ホームランを打つために必要な要素
野球のバッティングにおいて大きな要素を占める長打力ですが、
長打を放つためには、いくつか必要になる要素があります。

強靭な身体
長打を放つ為には、全身の力を集約させる必要があり、
その力を生み出す身体を強くすることは、当然長打を打つために
不可欠になります。

トレーニング方法は、本当に多様なトレーニングが存在しますが、
その中でも特にお勧めのトレーニング方法を紹介したいと思います。

バーベルフルスクワット
全身を鍛え上げることのできるトレーニングであり、強靭な体幹、下半身を
作ることが出来ます。

1.肩幅よりやや広めのスタンスをとり、つま先はややハの字になるようにします
2. 肩甲骨を寄せて、バーベルを僧帽筋中部に乗せるように担ぎ、手幅は広くしてバーベルを握ります
3. 腰を入れて(骨盤を前傾)膝を軽く曲げ、顔は正面を向きます
4. この際、息を吸い腹圧を高めます
5. ゆっくりと腰を落とすようにしてしゃがみこんでいく(お尻を後ろに突き出すように)。
 ※この際、腰は常に入れたままで、顔は正面を向いた状態のままです
6. 腰が完全に落ちたら、そのまま(腰を入れたまま)同じ軌道でスタートポジションに戻ります
7. 膝を伸ばしきらずに、やや曲げた状態から再び動作を始めます。
 ※膝を伸ばしきってしまうと負担がかかり、負荷が太ももから逃げてしまうので注意しましょう

デッドリフト
スクワットと同じく、全身を鍛えることが出来、背筋力を上げることが出来ます

1.バーベルバーの手前、スネがバーに少し触れるくらいの位置に肩幅と同じ足幅で立つちます
2.肩幅よりも少し広めに手幅を広げて、バーを握ります
3.背中を丸めずに、一直線にキープします
4.息を大きく吸ってから止めて、腰は反ったまま上体を起こしていき、両膝を伸ばします
5.バーが両膝を通過するあたりで、上体も起こしていきます
6.膝が伸びきって、直立したら肩甲骨を少し内側に寄せます
7.息を吐きながら、ゆっくりと元に戻すします

懸垂
自重で行える中で最も負荷の大きいトレーニングの一つです。
強靭な背中を作れます。

1.手の握りは順手でバーにぶら下がります
2.バーを握る幅は肩幅よりやや広めに握ります
3.胸を張って胸をバーに近づけるイメージで肘を曲げて体を持ち上げます
4.ゆっくりと下ろします

これらを10回出来る程度の重量で、(懸垂は出来る回数)
3セット行っていけば、長打を放つための土台は完成します。

スイングスピード

そして長打を放つためには、スイングのスピードを向上させることも必要になります。
特に、スイングスピードが向上するとボールをギリギリまで見極めることが可能になり
選球眼の向上にも繋がるのでスイングスピードを磨いて損はあり得ません。

素振り

先に書いたトレーニングで身体を強くすることが大事と書きましたが、
筋肉を付けただけではやはりスイングスピードは向上しません。

野球に必要な筋肉は、やはり野球があってこそ付いていくものです。
そうした筋肉があるこそ、先のトレーニングも活きてくる。相乗効果ですね。

お勧めのトレーニングはやはり素振りです。
ただ振るだけではなく、

重いバットでしっかりとフォームを固めて、
軽いバットで速いスイングを繰り返すといったことを行うと
よりスイングスピードの向上に繋がるのでお勧めですよ。

タイミング・ミート力

そしてホームランを打つためには、やはり実際にホームランを打った時の
タイミング、そしてミートをしっかりと感覚として身に着ける事が必要です。

ロングティー

ホームランを打つことにおいて、これが一番必要な練習です。

1、フォームを崩さないこと
2、スタンドに入る感触を知ること
3:打球の弾道を見ること。またバックスピンがかかっているか確認すること

この3つを意識していくことで、上達が早くなります。

これらを行っていくことであなたも必ず長打力が上がる事間違いなしです。
長打力は、野球において間違いなく強力な武器です。

この武器で相手投手を、そしてチームメイトを見返してやりましょう!

もっと上を目指したいあなたへ

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
元プロ野球選手の練習メソッドです。
短期間で結果を出す事により重きをおいていて、実際効果が出るのが非常に早いです。

今回は以上です。
次回以降引き続きスポーツについて書いていきたいと思います。
それではまた、次回。

スポンサーサイト

カテゴリ:野球  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ken20

Author:ken20
初めまして。
現在社会人しつつスポーツを楽しんでいますken20です。

実は私は最近まで、決してスポーツが好きではありませんでした。
私は幼少期は水泳を始めとして、剣道、柔道、弓道といった武道等様々な習い事を親に習わされて育ちました。

学生時代も運動部に入ってきた期間が長かったですが、
決して体を動かすことが大好きという訳ではなく、元々友人が所属していたり、帰宅部は嫌だったという様な割と弱い動機で所属していました。

体力や運動神経といったこと以上に、私は元来は面倒なことが大嫌いな性格で、疲れることが大嫌いな性分です。

そして大学時代、そうした弱い動機が無かった私は当然のように一度スポーツから離れました。

そして社会人になり、スポーツとは関係の薄い職場に就職しました。元来の性分と、職場の空気と合わないといった悩みから転職を決意しました。当然の如く親には反対され、誰に相談したら良いのか分からないときに相談に乗ってくれ励ましてくれたのは、今までスポーツを通じて過ごした仲間たちでした。
その時には本当に理解できていませんでしたが、スポーツというのは単純に体力や健康に良いというだけでなく、そういう繋がりをつくることも出来るものなのだと肌で感じました。。この時私は、初めてスポーツが好きになった気がします。

現在は、スポーツイベントの企画や、会場の運営を手掛けている
職場で働いています。
自分なりに楽しく働いています。
仕事で辛いことや嫌なことがあっても、
スポーツで発散しながらやっています。
職業柄様々なスポーツに出会うことがあり、
新しく始めるきっかけにもなっています。

スポーツは、本当に素晴らしいものであると、私は思っています。

私がこのブログを作ったのは、
学生時代、スポーツを楽しんでいたけど辞めて
また始めるきっかけが見つけられないあなた。
社会人になり、新しく何かを始めたいと思っているあなた。
スポーツが好きで何か始めたいが、自分に合った種目が分からないというあなた。

そういった人達にこのブログが
新しいスポーツに出会うきっかけになればと思っています。

これからブログ更新していきたいと思います。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
広告
より上達したいアスリートのあなたへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。